ネイルサロン開業

ネイリストの資格

日本で最も一般的なネイリストの資格は、日本ネイリスト協会の検定資格です。日本ネイリスト協会の検定資格は、1級から3級まで難易度があり、基礎を試す3級からプロネイリストとして働く基準になる1級と難易度が分かれています。

現在日本では、法律上ネイリストになる為の資格はありませんので、なろうと思えば誰でもネイリストになる事が出来ます。ただ、ネイルサロンでネイリストとして働くには、ネイリストの資格の有無は大きく影響してきます。

大手のネイルサロンや有名店では、ネイリストの資格が必須である場合もあります。ネイリストの資格を取るには、ネイルスクールで学ぶ方法が最も効率的に、ネイリストの資格を取りやすいとされています。として活躍している方は、かなりの確率でネイルの学校で学んでいると言ってもよいでしょう。

日本ネイリスト協会が行っているネイリストの資格試験は、プロネイリストと同等の技術があるとされる1級の合格者は、受験者全体の半数にも満たない難関試験で、その分1級の資格があればどのようなネイルサロンでもやっていけるでしょうし、自宅でネイルサロンを行っても、顧客が付きやすいでしょう。

法律上は無資格のネイリストも何の問題もありませんが、プロのネイリストとしてやっていくには、技術だけでなく美的センスも必要になりますし、爪の基本的な知識も必要になります。ネイルアートが得意というだけで、プロのネイリストとして自宅ネイルサロンを開業するのではなく、きちんと資格を持ち、ネイリストとして最低限の知識と技術を身につけてから、お客さんを相手にするようにしましょう。

スポンサードリンク

ネイルサロンの基礎知識

ネイルサロンのメニュー

ネイルデザイン

ネイルサロン開業

ネイルケア