ネイルサロンのメニュー

スカルプチュア

スカルプチュアは、アクリルパウダーを利用した、自分の爪を伸ばす為の人工爪です。スカルプチュアは、長さや形を自分の好きな形に合わせて、成型する事が出来るのが特徴です。

スカルプチュアを作って、理想の爪の形に整えたら、ネイルアートを施して付け爪にします。スカルプチュアの特徴としては、他の付け爪よりも頑丈で長持ちするのですが、自分の爪に直接装着しているので、2週間に一度は新しく生えてきた甘皮の処理といった、メンテナンスを行う必要があります。

スカルプチュアを行う上で重要なのは、スカルプチュアのフォームを装着するときのネイルサロンの技術の良し悪しです。この技術がスカルプチュアの形のよさを、決定する事になります。特に、自分の爪とフォームに隙間が出来てしまうと、スカルプチュアのアクリルが入り込んでしまい、爪がカビてしまう事もあり、始末が面倒になります。

もともと、スカルプチュアという言葉自体が、人工爪という意味でしたが、現在はネイルサロンなどで一般的にスカルプチュアと言われると、アクリリックネイルという、アクリルパウダーを化学重合させた人工爪だけを指す事になります。スカルプチュアは、爪の長さを伸ばすために装着します。

スカルプチュアには、チップオーバーレイとベーシックスカルプチュアという作成方法があり、ネイルサロンでは、一般的にベーシックスカルプチュアが行われています。スカルプチュアでは、自分の爪ではできないようなネイルアートが出来ますが、スカルプチュアをつける時に、爪を削らなくてはならず、爪が薄くなってしまうという欠点もあります。

スポンサードリンク

ネイルサロンの基礎知識

ネイルサロンのメニュー

ネイルデザイン

ネイルサロン開業

ネイルケア