ネイルサロンの基礎知識

ネイルセラピーとは

基本的に、ネイリストは1対1でお客さんと向き合い、ネイルケアやネイルアートを行ってくれます。その為、お客さんと話をする機会が多く、爪や指先のケアに関するアドバイスを貰えるだけでなく、個人的な相談相手にもなってくれます。

この為、ネイリストは話好きで明るく、人と接する事が出来な人に向いていると言えるでしょう。このように、手のケアと同時に、話を聞くなどして、精神的な癒しの効果も与えてくれるネイリストは、ネイルセラピストとして、ネイルケアだけでなくヘルスケアも行ってくれます。

最近では、老人ホームに出張し、ハンドマッサージなどで手のケアを行うだけでなく、メンタルケアも行うといったサービスが流行っています。ネイルセラピーのセラピーとは、治療や治癒術のことで、ネイリストとしてネイルアートを行うだけでなく、巻爪矯正や深爪矯正といった爪の健康をお年寄りや介護者に指南したり、同時にネイルケアをする人をネイルセラピストといいます。

ネイルセラピーには、爪のヘルスケア以外に、介護予防やメンタルケア、またヒーリング効果があるとされています。高齢者になると視力の低下や、握力の低下によって、健康な人にはなんでもない爪を切るという日常的な行為が困難になってしまいます。爪切りもいちお刃物になるので、使い方を誤れば非常に危険です。

また、高齢者だけでなく介護をしている人も、精神や体力に日々負担がかかっており、このような人達にも、綺麗になる事と心のケアを行えるネイルセラピストは素晴らしい職業です。

スポンサードリンク

ネイルサロンの基礎知識

ネイルサロンのメニュー

ネイルデザイン

ネイルサロン開業

ネイルケア