ネイルサロンの基礎知識

ネイルアートとは

ネイルアートは、爪に可愛いイラストを書いたり、色々な飾りつけを施すことです。近年は、ネイルアートに一気に注目が高まり、ネイルアートの技術は急速に進化しています。

これまでは、マニュキュアで自分の爪やネイルチップに塗る程度でしたが、花や蝶などの凝ったペイントや、マニキュアを塗るだけでなくラインストーンやピアスと言われる装飾品を爪につけたり、平面だけでなくリボンなど立体的な パーツを使用したネイルアートもあります。自分の爪にネイルアートを行うには限界があるので、最近では合成樹脂を使用した人工爪にネイルアートを行うのが主流です。

ネイルアートの種類は様々にあり、ラインストーンというガラスやプラスチックでできた模造ダイヤの一種を、爪に付けることが代表的です。キラキラしたラインストーンは、爪に張れる位小ぶりでも、爪につけることで非常によく目立ち、指先を可愛くしてくれます。

他にも、花や蝶をモチーフに、ネイルチップに細かいイラストを描く事も、代表的なネイルアートです。シール貼り付けているものや、一つ一つ手書きされているものなどがあります。最近では、3Dアートという立体的な装飾品も人気で、リボンやハートなどの単純な形から、バラなどの複雑な物などがあります。3Dアートは立体感があるので、通常のネイルアートに比べて爪がより豪華に見させる効果があります。

これらの技術を使用したネイルアートは、初心者でも行う事府が出来ますが、プロのネイリストにネイルサロンでネイルアートをして貰うと、素人とは全く技術力が違う事がわかるので、ネイルアートに興味のある人は、是非一度ネイルサロンに行ってみましょう。

スポンサードリンク

ネイルサロンの基礎知識

ネイルサロンのメニュー

ネイルデザイン

ネイルサロン開業

ネイルケア