ネイルデザイン

マーブルネイル

マーブルネイルもマニキュアだけを使った、初心者に適したネイルアートです。マーブルネイルやピーコックネイルは、線をひくことからドラッグアートと言われています。初心者向けといっても、ネイルサロンでは何色ものマーブルを作ったりと、アレンジの仕方で様々な雰囲気が出せます。

ドラッグアートはネイルアートでも基礎となるので、是非練習してみましょう。マーブルネイルなどのドラッグアートには、細筆が欠かせません。ネイルアート専用の細筆でなくても、爪楊枝で代用しても特に問題ありません。

マーブルネイルは、ベースカラーを2度塗りしたら、ベースカラーが乾く前にマーブルにするカラーをドットをつくるように乗せます。この時、あまり量は多くのっけないようにするのが、綺麗なマーブルネイルを行うコツです。ハケでスタンプを押す感覚位少量を乗せれば、ベースカラーが乾いていないので、円が滲んで自然と広がっていきます。

このドットから、様々な方向へ線を引いてマーブル模様を作っていきます。上手にマーブルネイルを行うには、ベースカラーを削らないように、力はあまりいれず、軽く滑らせるように行うのがポイントです。綺麗にマーブル模様が作れたら、完全に乾くのを待ってからトップコートを全体に塗って完成です。

マーブルネイルでは、マニキュアが乾いてしまうと綺麗に出来ないので、早さが重要になります。ベースカラーを塗ったらすぐに、作業を進めますが慌てると、たくさんマニキュアが乗ってしまうので冷静さも大切です。

スポンサードリンク

ネイルサロンの基礎知識

ネイルサロンのメニュー

ネイルデザイン

ネイルサロン開業

ネイルケア