ネイルデザイン

フレンチ

フレンチネイルとは、ネイルアートでも最も一般的なデザインの一つです。フレンチネイルというデザインは、爪の先端にホワイトカラーをのせたシンプルなデザインです。

フレンチネイルが行われるようになったのは、フランスの美容師が爪が伸びて汚れていたお客さんに、みっともなさを隠す為に、爪の裏をホワイトで塗ったことが始まりとされています。表から見ると爪の先端部分だけが、カラーを塗ったようでお洒落であると言う事から、世界中に広まったとされています。

フレンチネイルは、非常にシンプルなデザインであるのに、ちょっとしたカラーの工夫や、フレンチの仕方でキュートにも、ポップにも、エレガントにもなる優れたデザインです。この為、多くの女性に愛され、ネイルアートの定番となっています。フレンチネイルを自分で行う時は、マニキュアを2色用意しましょう。

フレンチネイルの定番カラーは、ベースを薄いピンクやベージュといった色にし、爪先は白が一般的ですが、慣れてきたら好みのカラーでやってみるのもいいでしょう。まず、爪全体にベースカラーを2度塗りで、しっかりと塗ります。

ベースカラーが完全に乾いたら、白のマニキュアを爪先に塗りますが、上手に行うポイントはハケに余分なマニキュアが付かないようにし、ハケの片面だけマニキュアがついているように、余分な分は全部ふちで落としましょう。まず、左側からフレンチを途中で止めずに一気に書きます。反対側も最初に描いた時と同じように描き、フレンチラインを完成させましょう。

スポンサードリンク

ネイルサロンの基礎知識

ネイルサロンのメニュー

ネイルデザイン

ネイルサロン開業

ネイルケア