ネイルケア

爪の磨き方

ネイルケアの基本は、爪磨きにあります。爪を磨く時は、ネイルファイルというネイル専用のやすりを使用して磨くようにしましょう。爪切りは爪が伸びてしまい、やすりで削るだけでは短く揃えられない場合に使用します。

爪は何層にも分かれているので、爪切りで爪を切り揃えると。爪の層にひびが入ってしまい、爪が割れやすくなってしまします。この為、基本的にはつめきりは使用せず、正しいネイルケアとしてはやすりでやすって、爪の長さを揃えましょう。

爪の形を整えたら、綺麗に磨くための道具としてネイルファイルを使用して、爪を綺麗に磨きあげましょう。ネイルファイルには、紙製や鉄製など色々な種類がありますが、自爪を磨くときには目の細かいエメリーボードを使用するといいでしょう。エメリーボードの他に、ジェルネイルなどの専用のファイルもあるので、自分の爪にあった物を使用しましょう。

爪の表面をやする時は、やすりの目が粗くないネイルバッファーを使用します。ネイルバッファーは爪の表面やジェルの表面といった、繊細な部分をやするのに適しており、爪の表面がピカピカになって光沢が生まれます。最近では、ガラス製のネイルバッファーが流行っており、自分にあっている物を色々と試してみるのもいいでしょう。

単に、爪を磨くだけでも、様々な方法がありますが、爪をやすりを使って磨く時は、やすりをかける方向と角度に注意しましょう。爪を削る時は、両方向からゴシゴシと削るのではなく、必ず一方からやすりをかけるようにします。また、やすりを当てる角度は、爪の裏側から45度を目安にすると、綺麗に爪を削る事が出来ます。

スポンサードリンク

ネイルサロンの基礎知識

ネイルサロンのメニュー

ネイルデザイン

ネイルサロン開業

ネイルケア