ネイルケア

ネイルの塗り方

ネイルケアとして、自分でマニキュアを塗ってネイルカラーを楽しむ事も出来ます。出来るだけマニキュアを綺麗な状態で保つには、ネイルを綺麗に塗る事です。まず、ネイルを塗る前に、爪先と爪の表面にベースコートを塗っておきます。

こうすることで、ベースコートがネイルカラーの色素が爪に沈着するのを防ぎ、マニキュアのノリも良くなります。 マニキュアを塗るときは、マニキュアのボトルのふちで、余分なマニキュアをしっかり落とし適量に調整します。マニキュアの筆に乗っている量が多い場合、爪に塗る時に気泡ができたり、マニキュアの塗り方にムラが生じる原因になるので、注意しましょう。

基本として、マニキュアは爪先に向かって塗っていきます。爪の根元部分から、まっすぐ爪先までまっすぐにさっと塗っていきます。爪の根元にマニキュアの塗り残しがないように、根元ギリギリからブラシを滑らせます。マニキュアは爪の中央から塗っていき、次は両サイドの順番でぬります。

この時、時間をかけると中央部分が固まってしまい、左右塗る時によれてしまうので、時間をかけずに一気に塗ってしまいましょう。両手10本の指が塗れたら、一度乾かして二度塗りを行います。マニキュアは一度にたくさん付けるとムラになるので、何度かに分けて薄く塗っていくようにします。

一般的には、二度塗りすれば十分ですが、薄いマニキュアの場合は厚くならないように三度塗りしましょう。完全にマニキュアが乾いたら、トップコートを塗りましょう。トップコートを爪の表面に塗る事で、マニキュアがはがれにくくなり、光沢のある仕上がりに出来ます。

スポンサードリンク

ネイルサロンの基礎知識

ネイルサロンのメニュー

ネイルデザイン

ネイルサロン開業

ネイルケア