ネイルケア

ネイルのリムーブ

自分の爪にマニキュアでネイルした場合は、リムーブも正しく行いましょう。リムーブを行う時のポイントは、1度で綺麗に落とすことです。1度に綺麗に落とすには、リムーバーをコットンにたっぷり含ませた物を爪の上に乗せ、マニキュアが浮き上がったら一気に拭き取りましょう。

リムーバーには、アセトンという爪の黄ばみの原因となったり、爪を乾燥させる成分が含まれているので、リムーバーを行った後は、乾燥や爪が荒れないようにケアを行う事も忘れずにしましょう。

また、最近ではアセトンフリーのリムーバーもあり、爪を傷めることなくマニキュアを落とす事ができます。具体的には、リムーバーを含ませたコットンを爪の大きさに合わせてカットし、コットンにたっぷりとリムーバーを含ませます。コットはツメ1本に対して1つ貼り付け、2~3分マニキュアが浮かんでくるのを待ちます。

キューティクル方から、爪の先の方向にコットンを押さえつけながら、浮き上がったマニキュアを拭き取ります。自分の爪にマニキュアをした時に、最も爪を傷めるのはリムーバーなので、何度もリムーバーを使用して爪を傷めないように、1回で全て落とせるようにしましょう。

爪と指の間などにカラーが残ってしまい、コットンでは取れない場合は、リムーバーを含ませためん棒などで取り除くようにしましょう。リムーバーで綺麗に取り除く事が出来たら、乾燥しないようにキューティクルオイルやハンドクリームで、爪を軽くマッサージしてあげましょう。

スポンサードリンク

ネイルサロンの基礎知識

ネイルサロンのメニュー

ネイルデザイン

ネイルサロン開業

ネイルケア